Mozia

180630.jpg
180630a.jpg180630b.jpg
Sicilia series。甘いワインで有名なマルサラの湾に浮かぶ小さな島モツィアは紀元前8世紀から1000年くらいのあいだフェニキア人の都市だったのが近年の発掘調査でわかってきた。島の対岸には古くから製塩所があって風車などが復元され実際に製塩も行われている。天日干しの塩の山の雨よけが瓦なのが面白い。製塩所の脇から小舟で10分くらいで遺跡の島に着く。野口教授がここは癒されると感無量だった。そう歴史の研究者なのだ。島にいた犬はどう見てもコイケルホンディエ。パレルモの公園でも同種の犬に出会って、思わず飼い主に「kooikerhondje?」と英語?で尋ねたら「犬」とイタリア語で返されてしまった(笑)。

よかった

180629.jpg
最近は大好きな虎だってテレビ観戦は皆無だしテレビでサッカーなんてこともないのだが、4年ごとに俄かサッカーファンになる。録画しておいて情報をシャットアウトして帰って即寝て早起きして観る。薄氷のトーナメント進出、よかった。今日はこれからゼミ旅行。京都に向かっている。

土地 テロワール 旬

180628.jpg
180628a.jpg180628b.jpg
勝沼逍遥。ディナーは「ミルプランタン」を選んだ。設計したワイナリーがオープンする時にお世話になったシェフの店だ。設計監理の仕事の前に事業策定の仕事を受注していて、その段階で営業、宣伝、企画、醸造、資材などメルシャンの多様な社員からなるチームをつくってもらい、私もその一員となってチームとして会社に事業計画案を答申した。ワイナリー事業のすべてを考えるわけだからその中のレストランのメニューにまで首をつっこんだ。ほとんどが醸造の現場の人たちから教わったことがヒントになっているのだが、例えば赤ワイン醸造の時に使う卵の白身のあまりの黄身を使ったカヌレ、葡萄の若葉のフライ、間引かれた青い葡萄の実を絞ってつくるドレッシング、まわりの山にたくさん棲息する鹿料理などなど。採用されたものは実はないのだけれど、その議論の過程の中で「土地の恵み」が大切であることを学んだ。そう言えばワインそのものが「土地の恵み=テロワール」だけから生まれる稀有な酒だ。期待通り「ミルプランタン」のメニューも土地の旬の素材の持ち味を巧みに引き出していた。写真は土地で獲れた野菜をキャセロールで蒸し焼きにしたもの。青紫色のブロッコリーを使うことで見事な彩りの一皿にしたところは技あり。ワインは赤にしたかったのでボルドーの手頃なものにした。日が落ちた後の山ぎわの青が美しかった。駅で燕のつがいに見送られて列車に乗った。幸せでいっぱいでもうワインはほとんど要らなかった。

清流 やまなし 宮沢賢治

180627.jpg
180627a.jpg180627b.jpg
勝沼逍遥。勝沼は緩やかな傾斜で水はけがよく周囲の山から流れ落ちてくる水が豊富だ。大きな日川と並行しておそらく用水路が起源だと思われる水量の多い小さな川が幾条もある。そんな川の一つに面した気持ちの良いテラスのあるワイナリーが「勝沼醸造」。川の向こうに垣根式の葡萄畑がひろがっているからついワインも進んでしまう。有料試飲8種のうち6種が甲州なのがうれしい。赤は山葡萄系の小公子と私が苦手なマスカット・ベーリーA。白の甲州に次ぐ赤の日本在来種の成長が望まれる。帰りの車内用に小公子をゲット。ディナーまでにはまだ時間があるのでワイナリーもう一軒と思った手の先にいい印刷物があった。勝沼界隈で食・酒・宿泊・アートを楽しめる古民家を集めた「山梨古民家倶楽部」の冊子。勝沼醸造、原茂、丸藤に並んで「くらむぼんワイン」が載っている。このワイナリーの変な名には好印象を持っていなかったのだが、冊子に宮沢賢治の童話に由来するとあって、調べてみたら童話「やまなし」の動画に行き当たった。清流に棲む蟹がつぶやく言葉が「くらむぼん」。カムパネルラ、ザネリ、宮沢賢治の得意技だ。蟹は泳いでいる魚が翡翠に捕食される瞬間を目にする。動画でのこの瞬間は印象的だ。「自然環境と人間の共存を目指すワイナリー」だからこそのネーミングなのだと知れば行かないわけにはいかない。訪ねてわかった、2014年までは「山梨ワイン」だったから耳慣れなかったのだ。新参ではなく1913年開業。リリースされたばかりの蟹のエチケットの甲州と天然酵母無濾過の甲州を試飲して後者を選んだ。靴を脱ぎ座敷で寛いだ時間もよかった。勝沼は着実に成長している。

酒石 シチリア 四季島

180626.jpg
180626a.jpg180626b.jpg
勝沼逍遥。「勝沼ワイナリー」で店長に薦められて急遽「丸藤葡萄酒」を訪ねることにした。勝沼は日本のワインづくりの原点と言える場所で、歴史ある醸造所も多い。ここも1890年創業で見学した施設の特に地下部分には永い歴史が刻み込まれている。壜貯蔵庫の壁には無数の酒石が付着してきらきらしているのだが、もともと貯酒のためのコンクリートタンクだったのをリニューアルしたからだそうだ。ここではびっくりするような出会いがあった。なんと施設見学一行数名の一人がこの5月のシチリアの旅のメンバーだったのだ。念のため申し添えておくとシチリアは建築の旅でワインの旅ではない。たいがいのワイナリーでワインは飲めるけれど食事まで提供してくれるところはそう多くはない。ランチは葡萄畑を数分歩いて「ルミエール」のレストランへ。グルテンフリーにも細やかに対応してくれる。甲州をマセラシオン醸造した「オレンジワイン」がぴったりのランチだった。豪華列車「四季島」1泊2日クルーズは塩山で途中下車してここでワインセミナーだそうだ。参考までに最廉価室で2人64万円、雲の上だ。往路の車窓に多数群がっていた撮り鉄のターゲットは「四季島」だったのだ。次は塩山停車中の「四季島」をカメラに収めよう(笑)。

鳥 ワイン 鉄道

180625.jpg
180625a.jpg180625b.jpg
勝沼逍遥。山々に囲まれた平らな盆地に湖に浮かぶ島のように存在する小さな岩山の頂部にワイン蔵+温泉+宿「ぶどうの丘」がある。勝沼町だった1975年につくられ今は甲州市営。予約が取れないので定評があり今年も12月まで休前日は満室。現場に通い始めた10年前から幾度となく宿の予約を試みて初めて今回泊まることができた。標高は500mで麓の平地とは120mの高低差があるから眺めはいい。西側にある露天風呂からの夕景はみごとだ。地盤面から120mの高さで空の下の湯につかるのは格別で夕夜朝と天空を楽しんだ。アイレベルを鳥たちが飛び交う様を撮影できないのは残念(笑)。東向きの客室の窓の正面に一面の葡萄畑と近くに迫る山並みとがあるのは常ならぬ眺めだ。点在する民家にあと僅かでも文化的統一感があれば絶景と言えただろうと惜しまれる。街並みも景観も地域の共有の資産であるという認識が将来の日本をつくることになるのだろう。今でも望遠レンズで激しくトリミングしてしまえばまだまだ映えどころはある。勝沼ぶどう郷駅は標高がほぼ同じで盆地の周縁部を南から北へ下りながら駆け抜けていく中央本線の車輛がジオラマのように楽しめる。

車窓

180624a.jpg
180624b.jpg
180624c.jpg
Sicilia series。バス旅行では移動中はほとんどの人が眠っているものだが、窓際に座らせてもらっている私はそうは行かない(笑)。今度の旅では車中でグラッパを飲みふけっている強者もいたがそのうちの一人は今は断酒している。シチリアの農村風景は電信柱も看板も工業製品の家もなく絵になるのがうらやましい。

漁街

180623a.jpg180623b.jpg
180623c.jpg180623d.jpg
Sicilia series。高台にある旧市街の下には漁港沿いにできた新しい町があって、現在のシャッカは水産加工の町として有名になっている。イタリア産のアンチョビはほとんどここで加工されているはずだ。陣内さんの本に実測図が載っているコルティーレ・カリーニの入口の脇の小さな店でマグロの瓶詰に出会えたのは野口教授のおかげだ。右上の写真左がアーティチョークとマグロのパテ、真中がボッタールガのパテ。十数年前に谷内田さんにお土産に買ってきてもらった塊のボッタールガは、その後の黒マグロ情勢激変のせいか、今回の旅でも見つけられなかった。漁港の脇に水産品マーケットを見つけたのだが開店中にアクセスできなかったのが悔やまれる。ここならあったかもしれない。

Sciacca

180622.jpg
180622a.jpg180622b.jpg
180622c.jpg180622d.jpg
Sicilia series。野口教授と行くシチリア建築旅は去年に続いて2回目。去年は旅に携行した陣内さんの「シチリア・南の再発見」でシャッカは「アラブ世界に最も近い町」として熱く紹介されている。ギリシア時代は植民都市アグリジェントとセリヌンテの中継点、ローマ時代は前哨基地で小さな集落に過ぎなかったが、その後のアラブ支配時代に都市として発展し、シャッカという地名も集合住宅に関連するアラビア語がもとになっているという説もある。14世紀以降に形成された大通り沿いの街区の裏にアラブ期を起源とするコルティーレと呼ばれる袋小路が無数に存在している。コルティーレを取り囲む居住ユニットの生活が行止まり空間に滲み出てきているようすが見どころなのだろうが、通り過ぎるだけの私たちはその雰囲気を鼻で感じ取るしかない。町のはずれにギリシア人が発見しローマ人がテルマエを建設した温泉の名残があるのもシチリアらしい。

勝沼ワイナリー

180621.jpg
180621a.jpg180621b.jpg
勝沼逍遥。メルシャンが新しく桔梗が原ワイナリーと椀子ワイナリーをつくることになって「シャトーメルシャン」が「勝沼ワイナリー」に変わった。勝沼のある甲州市には2017年8月時点で37のワイナリーがある。日本ワインがすっかり定着してワイン愛好家がたくさん勝沼を訪れるようになってきたのはうれしい。ナパでは隣のワイナリーには車で行く感じだがここでは歩いていくつものワイナリーを巡ることができる。原茂ワインからは少し南に歩いて旧甲州街道を渡ったあたりが日川の河岸段丘の縁で川沿いの低地に広がる葡萄畑の向こうに「勝沼ワイナリー」がある。竣工して8年が経ちすっかり土地に馴染んできている。コルテン鋼のフラットバーや苦労して遺した灯籠や石碑などが効いてきている。随所に適当に貼られているサインなど気になることはあるのだがメニューが少し進化しているのがいい。この6月からは今まで非公開だった醸造施設と貯蔵庫も見学できるようになった。

勝沼逍遥

180620.jpg
180620a.jpg180620b.jpg
勝沼は東京から近い。鉄道なら勝沼ぶどう郷は新宿から「快速ビューやまなし」なら運賃\1,944だけで行ける。座席指定をしても\2,464。ところが「えきねっと」を巧く使うと特急座席指定で山手線内-甲府\2,060。人気があるらしく先行予約初日に申し込んだのに復りしか取れなかったので往きは「快速ビューやまなし」。特急「かいじ」より数段洗練された車輛の2階ボックス席を2人で占拠して満足。今にも雨が降り出しそうな空は笹子トンネルを抜けたら青空になっていた。よくあることだ(笑)。で、勝沼ぶどう郷駅からタクシーで勝沼醸造というシナリオを急遽変更して葡萄畑の中の坂道を下って原茂ワインへ。ムクドリ、ヒヨドリが群れ、ツバメが飛び交いウグイスが囀る。写真はキセキレイだろうか。ワイナリーの葡萄棚の先にある土間ではボーダーコリーが寝そべったまま迎えてくれた。開店直後なのに満席でリストに名前を書いて待つ。3組目だと思っていたら2枚目だった。ゆっくりとした時の流れの中でのんびりとランチを楽しんだ。もちろん甲州も。
 

[403]

180619.jpg
180619a.jpg
[二軒家アパートメント]ペントハウス[403]でスライド会。シチリア土産のチーズの出番がないほどのごちそうでジロールだけが役に立ちました。

街段

180617a.jpg
180617b.jpg
180617c.jpg
Sicilia series。カルタジローネのランドマークは140段の大階段によって作り出される軸線だ。大階段は市役所広場から始まり、登り切った右手に教会があり鐘楼が屹える。階段の途中で交差する道がいくつもあるにもかかわらず踊り場が一切ないという深いこだわりがこの空間をより力強いものにしている。やはり妥協はいけない。蹴上には地域特産物のタイルが貼られている。観光客も子供達もこの非日常都市空間を楽しんでいた。

Caltagirone

180616.jpg
180616a.jpg180616b.jpg
Sicilia series。「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」として世界遺産に登録されているノート地方の真ん中に位置するカルタジローネ。1693年の大地震の被害は他の同地方の都市と比較すると軽かったので都市組織には中世の痕跡が残っている。ミラッツォからは海岸沿いの高速道路をメッシーナ、タオルミーナ、カターニャと走って東側からアクセス。標高600m前後の2つの丘の上にできた坂だらけの街。鐘楼から見た景色はイタリア山岳都市の典型だ。大通りから裏に入った路地は曲がるごとに狭くなり、すれ違えないほどの隙間も少なくない。ちょうど下の川崎毅の陶芸の世界のようだ。

涼子

180618.jpg
2年ほど前、阿部勤さんのフェイスブックに「涼子が帰ってきた」で始まる一連のコメントが連載された。夢の中のはなしであるとの断り書きがどこかに消えてしまうほどのリアリティに弄ばれて涼子はラブラドールのトンボと共に私の中で一人歩きをし始めた。犬の散歩のために訪れるイケメンの韓国人青年には疎ましささえ感じた。その時に阿部自邸の「中心のある家」で撮影が行われていた映画「蝶の眠り」がやっと公開された。2度空間体験をさせていただいているあの魅力的な建築空間で撮影された映画を観ないわけにはいかない。主演は中山美穂で私の理解では彼女はアイドルだし、タイトルには甘い抒情が漂っていて、ポスターなどからも軟弱なメロドラマの感じがする。ま、建築を観るのだな、と覚悟していたのだが、見応えのあるいい映画だった。全篇を通して「中心のある家」が登場するから主役は建築かもしれない。あの建築が映画の舞台として魅力的なのは、積み重ねられた永い時間が丁寧に写し取られているからだと思う。川崎毅の陶芸の街(写真:2017年に阿部勤宅で撮影)もさりげなく登場。安心して眠っているさまを韓国語で「蝶の眠り」と言う、と映画の中で種明かしされる。主題は重苦しいけれども、記憶を失くした人や動物たちが集まる森が遠くにあって、そこではかつて愛し合った相手のことは分かるという一抹の救いも用意されている。上映は明日17日までらしい。

黒蛙

180615a.jpg180615b.jpg
Sicilia series。母が好きな蛙の置物を旅の隙間に探すのを楽しみにしている。黒曜石が採れるリパーリ島でふと立ち寄った店に黒い蛙がいたのはラッキーだった。陶器で有名なカルタジローネでは同僚の小川先生から譲り受けた蛙を彷彿とさせる一群に出会いはしたのだが彼らは大きな壺の淵にくっついていた。

Lipari

180614.jpg
180614a.jpg180614b.jpg
Sicilia series。ミラッツォから船で渡ったリパーリはリゾート風情がいっぱい。人々も犬も猫も自由に街の生活を謳歌している様子だった。レストランのグルテンフリー対応は年々進化しているようで、特にここではパスタばかりでなくグリッシーニ、パンも小麦を使わないものが用意されていた。

火山

180613.jpg
Sicilia series。ミラッツォの北の地中海に浮かぶエオリエ諸島の一つが火山で有名なストロンボリ。どういうわけか長男が小さいころ火山が好きで学習に付き合わされて名前を鮮明に覚えている。1991年6月に普賢岳の溶岩流で亡くなったクラフト夫妻の原点がストロンボリだそうだ。現在も火山として活動中で丘の上の城跡から望遠で捉えた写真に写っている雲のようなモノは噴煙のはずだ。

Milazzo

180612.jpg
180612a.jpg180612b.jpg
Sicilia series。ランダッツォの北東50kmに位置するシチリア島北岸の海港都市ミラッツォ。地中海に突き出た小さな半島の丘の上には城が築かれ幾度となく海戦の舞台となってきた。ディナーは海辺の大通りをちょっと曲がった路地に面したトラットリア。

[ri.carica]

180611a.jpg180611b.jpg
学芸大学に集合住宅が竣工した縁でずーっと前から行きたかった[ri.carica]に立て続けに3回も通った。旬の食材、自然派ワイン、気の利くスタッフ、いい店だ。ri caricaはイタリア語で再充電という意味だそう。都立大学の2号店は [carica. ri]、近くの3号店は[あつあつri.carica]とおもしろい。珍しいイタリアのイワシ缶詰に店で出会った直後にシチリアのシャッカで同類品を見つけて、重たいのを持ち帰った。こっちはイワシの塩漬けだった。

虚実

180610a.jpg
180610b.jpg
Sicilia series。シチリアの都市はどこも個性がある。電信柱、看板、コンビニがない。地域性から遠いどこにでもあるアイコンの類が見当たらないのも幸いしているのだろう。カメラに収めたくなる場面が無数にある。ランダッツォの市庁舎の歴史を刻む開口部にはめ込まれた現代的なサッシには中庭のアーチや窓の実像もあれば広場の反対側の街並みの虚像も重なっている。反対側から街を撮った写真は実像のみだがガラスのひび割れが重なっている。写真は意外にモノを言う。

Randazzo

180609.jpg
180609a.jpg180609b.jpg
Sicilia series。カターニャからエトナ山麓を反時計回りに半周してランダッツォへ。火山の麓はブドウには最適であたり一帯はシチリアでも有数のワイン産地となっている。ワイン畑で埋め尽くされたエトナ山の麓をぐるっと一周する鉄道に乗ってワインの旅を楽しむのも一興。そう言えばナパでワイン列車に乗ったなあ。シチリアの赤と言えばNero D'Avolaが有名だがこの地域にはNerello MascaleseがあってEtona Rossoとして愛飲されている。甲州のように地域に根差したワインがそこここにあるのはうれしい。シチリアが大好きな理由の一つだ。ランダッツォでのランチは地元のワインバー。街の人に愛されている店のようでワイン、ピスタッチョ入りチーズ、ハム、トマト・・・おいしかった。

[orange house]

DSC08472[1].jpg
私たちが設計した[orange house]201が空きました。光が丘公園近くのミニマリズム空間です。廊下や玄関がないので面積の割に広いスペースを楽しめます。小さなアクセス・バルコニー付。たくさん実のなる夏蜜柑の木がシンボルツリーです。住んでみたい方はtpoのサイトへ。寝室に入口が2つあって2人でシェアすることもできます。極限の2LDKでもあります。屋上のルーフテラスも利用することができます。どうでもいいことかもしれませんし、個人情報保護の上では問題がないとは言えないコメントかもしれませんが、歴代のお二人の居住者は新しい伴侶ができたことで転居されたのだそうです。

虎見物

180608.jpg
西鉄時代からのライオンズファンが西武球場のダグアウトテラステーブルを予約してくれて虎見物に出かけた。無死1,3塁でダブルスチールを決められ一死も取れずに得点されてしまうような素人野球で、予想どおりの惨敗だったが、屋根付きアウトドアの野球空間が気持ちよく、5人で卓を囲む宴は楽しかった。東京ドームの巨大な人工空間とは好対照だし負ける相手が讀賣でないのが何より。ボールパークは本来は露天で天然芝であるべきだと思うが、ここは人工芝のデメリットを活かして試合後の球場を開放しているのが楽しそうだった。藤浪の復調の兆しがあったのが虎の唯一の成果か。

牝豚

180606a.jpg180606b.jpg
Sicilia series。旅の楽しみの一つはその地の食。今回のシチリアでの最初の食事がカターニャのトラットリアのじゃがいも料理。じゃがいもの産地らしくどこでもよく出てきたが、いきなりの二連発にびっくり。左から牝豚の団子、干し鱈メッシーナ風だけれど大量のじゃがいもが共通している。こうして並べてみても大差なく見える。牝豚が美味しいのだそうでシチリアでははっきり区別されている。東京のスーパーで豚の性別が明記されていた記憶はない。素材の持ち味で勝負する家庭料理といった感じで、期待通りではあるのだが量が多いのにはこまった。

Catania

180607c.jpg
180607a.jpg
180607b.jpg
Sicilia series。カターニャは日本での知名度は高くないが空港はイタリアで3番目の大きさでシチリアにおいては経済と食においてはパレルモを凌いでいる。シチリア島の東岸にあって時々噴火することで知られるエトナ山の南麓にある。シチリア東部は日本と同じ地震多発地帯で17世紀末に大規模な地震が発生しカターニャ、ラグーサなどの都市が壊滅している。その復興時期に隆盛をきわめていたゴシック様式が都市の基本的なトーンを決定している。とは言えギリシア劇場はあるしアラブの面影もあちこちにあってシチリア的折衷都市であることに変わりはない。野口教授のレクチュアを聴いてその場では理解したつもりなのだが改めて写真を整理してみたりするとあやふやなことも多い。とりあえず印象に残っている部分的映像を3枚並べて街の香りをお伝えすることにしよう。上から、城をレスタウロした美術館の屋上テラスからの屋根越しの街。カターニャ大学の中庭。ドゥオモの床のパターン。

完成披露

DSC05740[1].jpg
6月6日(水)13時〜18時
学芸大学に竣工した地下1階地上3階11ユニットの集合住宅の[modelia]による披露会が開かれます。飲み物等も用意していただいているようですので建築の雰囲気を気軽に体験していただけるかもしれません。私も現地におります。外観写真は集合玄関とその両側の地下長屋ユニット入口です。

mercato

180605a.jpg180605b.jpg
180605c.jpg180605d.jpg
Sicilia series。去年のシチリア旅では逃してしまっていた市場をやっと体験。シチリアの中で食の町と言われるカターニャ。どこの国も市場は魅力的だ。

jacaranda

180604.jpg
Sicilia series。シチリアの中で大都市に入るカターニャとパレルモで目についたのが柔らかい紫色の花を咲かせるジャカランダ。オーストラリアもこの花で有名なのだそうで40年以上前のオーストラリア旅で見た記憶はあるのだが何故か紅い花として私の脳が覚えていた。

シチリアバト

180603a.jpg
180603b.jpg
Sicilia series。シチリアでも鳥のつがいは仲良しだ。ソルントの丘の上の遺跡のシチリア独特の植物に留まっているのはカターニャの屋根の上のハトとは違う。

シチリアスズメ

180602a.jpg
180602b.jpg
Sicilia series。なんだスズメか、と言ってはいけない(笑)。シチリアスズメもどこにでもいたけれどモツィア島で写ったこの写真を見ると確かにシチリアスズメだ。パレルモ考古学博物館中庭にいたツグミのような鳥はクロウタドリの雌のようだ。鳥は雄の方が派手な色合いで歌もうまい。

シチリアツバメ

180601a.jpg
180601b.jpg
Sicilia series。ツバメもどこにでもいるけれど留まっている姿はなかなか撮れない。ミラッツォで電線に留まっている姿を見ると日本のとは趣が違う。カターニャで上空を群れ飛んでいるのもツバメだ。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4184)

Link

Search

Library