253系

180426a.jpg180426b.jpg
日光はおそらく最後に行ったのは小学生のころのはずだからなんと50年振り。十数年前に那須の国立公園内にホテルを設計していた時に日光市内の公園事務所を訪れたことはあるがただ仕事だった。金谷ホテルなら泊まってみてもいいなと思ったのがきっかけ。列車は浅草発ではなく新宿発の「日光」を選んだ。JRから東武鉄道に乗り入れるので特急券込みで\4,000と割高なのだがえきねっとのトクだ値だと\2,400。車輌は以前のNEXで使われていた253系でオリジナル彩色。栗橋で東北本線から東武線に乗り入れる時に架線のない「デッドセクション」を通過するのが乗鉄には重要。一瞬だが非常用照明が点灯する。終点の東武日光駅の200m東にあるJRの日光駅は写真のような趣。莫大な設備投資をして他社線を走った挙句に肝心の駅舎をスキップせざるを得ないJR社は無念だろう。

日光逍遥

180425a.jpg180425b.jpg
日光で出会ったカワガラスが出たついでに4月中旬の日光ぶらぶらから先ずは鳥。雨上がりに鶯が囀る森の端に姿を現したこの鳥の名前はわからない。

河烏

180424.jpg
photo by kay

ウミガラスが出たついでに日光で出会ったカワガラス。流れの速い大谷川(ダイヤガワ)に飛び込んでいるところを連れが見つけた。よく観ると親が餌を取って仔にやっている。岩に糞の跡がいっぱいあるからここらが文字どおり島なのだろう。ここに写っているのは仔で親はもう少し色がはっきりしていてイソヒヨドリの雄と似ている。カワガラスPasseriformes cinclidaeスズメ目カワガラス科。brown dipper。

海烏

180423a.jpg180423b.jpg
エトピリカと同じ科で同じ水槽?にいるウミガラスは小ぶりのペンギンといった容姿。エトピリカよりもっと俊敏だ。動きが速すぎるので動画に撮ってスクリーンショットして拡大。ウミガラスCharadriiformes alcidae uriaチドリ目・ウミスズメ科。common murre。

花魁鳥

180422a.jpg180422b.jpg
ペンギンは飛べないから囲いだけでいいがエトピリカはそうはいかないので水族館ではガラス越しにしか写真が撮れない。からだの割に大きな黄色い嘴がかわいい。動きも早いしボケボケ写真だ。エトピリカCharadriiformes alcidae fraterculaチドリ目ウミスズメ科。tufted puffin。

人鳥

180421.jpg
水族館で一番愛嬌があるのはペンギンだろう。人鳥という和名はさすがだ。ペンギンと言えば高橋留美子「Pの悲劇」。あんな風に一緒に暮らせると楽しいだろうなあ。「管理人さん」もそうだが彼女の描く女性の容姿は好きだが性格は厄介だ。ペンギンSphenisciformes spheniscidaeペンギン目ペンギン科。penguin。

兵児鮎

180420.jpg
自然界に常識はない。泳ぐというよりは漂っているヘコアユは絵になってはいるが魚という感じはしない。下の方が頭だそうだ。ヘコアユAeoliscus strigatusトゲウオ目ヨウジウオ亜目ヘコアユ科。Razorfish。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comments

Categories

Archives(3833)

Link

Search

Library

Counter

8090098