マルとハヤ

新しい家族の選定にあたっては先住者との相性を最優先に考えました。そういう観点では性格がよく大人しいラブラドールが一番なのですが、私たちにはラブラドールを受け止める体力がありません。そこで選ばれたのがマル。穏やかな犬種だけれど仔犬は元気、気の弱いハヤは新参者の突進に怯えてしまって、高い処に後退する始末です。そのうちにいいおともだちになるに違いないのですが、こういう追いかけっこを見ると、ちょっと心配。こうやって見ると、色柄はそっくりだから、親子のようですね。
120811.jpg

小さきもの

生後50日ですから、かなり小さい。この体験は初めてです。とにかくよく動きます。何にでも興味を示し行動を起こすので被写体としてはなかなかやっかい。ひとしきり動き回ってふっと眠り始める瞬間が絶好のシャッター・チャンスかも。もう寝ちゃいそうな感じでしょ。
120808.jpg

新鮮な関係

新しい家族を迎える仲間たちは大変。出張に出かけていると思ったら、突然仔犬を連れて戻ってきたわけですものね。ハヤはマルの攻勢にかなり引き気味ですが、猫のクウは適当にあしらって堂々と往なしています。マルも慎重で、いきなり噛んだりはしないので、一触即発は回避。今のところは様子見の状態ですが、そのうちにいい仲間になることでしょう。新しい個体の出現で、新鮮味を失いつつあった先住個体間の関係にも変化があるかもしれません。
120807.jpg

新しい家族

幸せな荷物は犬。2012年6月16日生まれのほんとうの「仔犬」です。女の子で、名前はマル。福岡県糸島市でピックアップし福岡空港から飛行機で来ましたが、動物はキャビンには入れず「預かり荷物」扱いです。貨物室とは違ういくらか空調された区画に収容されるようですが与圧は十分ではなくパグなどの鼻の短い犬種は危険なので預かってもらえないくらい。自動車に揺られることさえ初体験なのに、荷物室の中でのフライトは酷かと逡巡しましたが、車での長旅よりずっとマシとの助言に従って、冒険を試みました。羽田空港の引き取りカウンターに届いたケージがごそごそと動いた時には胸をなでおろしました。[doghouse]では先住のクウ、ハヤが待ち受けていて大騒ぎが始まっていますが、新しい群れが形作られていく様はなかなか面白いものですよ。手前のハヤと比べるとこんなに大きさが違います。元気いっぱいだから、ハヤも大変。おつかれさま。
120806.jpg

ハヤ ワニ

ワニを求めて跳ねるハヤ。日に一度はこれをやらないとおさまりません。遊びに付き合うのも疲れるなあ、と思っているのかもしれませんが・・・
120622.jpg

クウ クマ

誕生日プレゼントのKosenのクマ。かわいい。でもクウは一言あるようす。台風進路が東に寄ったおかげで、長崎は暴風直撃を免れました。雨もこれからのようです。
120619.jpg

雨の福桜

6月17日。フクが逝って5カ月。どうしてるかなあ。福桜はすくすく。こんなに大きくなっています。雨もいいなあ。盆栽、面白いなあ。フクと暮らした15年間の欠かさない散歩のおかげで、今の私のそれなりの健康があるのだと思います。今年の検査でも血液検査値はほとんどが基準値の真ん中でしたが、血圧は経過観察になってしまったので、ラーメン断ちでもするかなあ。
120617.jpg

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4018)

Link

Search

Library