Another Self Portrait

首を長くして待っているDylanのBootleg Series vol.10の概要が姿を現した。合州国で8月27日発売。You Tube等にアップされているオフィシャル・トレイラーでは収録曲の断片を聞くこともできる。Deluxe版にはワイト島ライブ全曲も収録されるとのこと。ジャケットにはSelf Portrait同様ディランの絵が使われているとのことだが、いったい誰の肖像?
130716x.jpg

Five Songs for a Cold Winter Day

130130D.jpg
photo by Don Hunstein courtesy of Bob Dylan.com

Dylanのオフィシャル・サイトにPlaylist: Five Songs for a Cold Winter Dayが登場しました。写真は2枚目のアルバムThe Freewheelin’の表紙写真のアウトテイク。真冬のマンハッタンのJones Streetを当時の恋人Suze Rotoloと並んで歩くDylan。いい写真です。こんな私的な写真を売り出し中の新人のLPジャケットにしてしまう発想には驚きます。プレイリストの1曲Winterludeは美しいメロディのワルツ。こういう曲も書けるんですよ。

Chimes of Freedom

Amnesty Internationalの50周年を祝してDylanのカバー曲で構成されたチャリティCDがリリースされました。4枚のCDに71曲の新録とDylanのChimes of Freedomオリジナル(リマスターされています)ほかが収録されています。圧巻。92歳のPete Seegerを筆頭とするElvis Costello、Mark Knopfler、Sting、Brian Ferry、Lucinda Williams、Marianne Faithfullといった大御所もいいのですが、名も知らぬアーティストの名演も多数。Kronos Quartetも参加していますがこれは御愛嬌。しかし、よく集めたものです。拍手。
120128.jpg
courtesy of Amnesty International

ディランも元気

70歳のディランが年明け早々TV生中継に登場。元気なバンド・サウンドを聴かせてくれました。会場のメリル・ストリープやジョージ・クルーニーも写っていますので興味ある方はYouTubeをどうぞ。

Renaldo & Clara

ディラン・ファンに吉報。Renaldo & Clara全編3時間44分がYouTubeにアップされています。消されるのは時間の問題かと思われます。
111229r.jpg
courtesy of Wikipedia

at the Grammys

ディランがグラミー賞授賞式でMaggie’s Farmを演奏しました。ツアー・バンドからの3人にそれまでステージで演奏していたMumford & SonsとThe Avett Brothersの若者たちが加わった総勢10人超の演奏とコーラスをバックに、ジャグ・バンドみたいな感じで、1965年発表の原曲とも最近のライブともまったく違った雰囲気。楽しい演奏でした。たかだかレコード業界のお祭り、あまり関心はないし、登場する人たちも知らない人ばかりですが、出勤前のライブではハービー・ハンコック、ニール・ヤング、ジェフ・ベックの受賞を目撃。109部門の中にはクラシックもあって内田光子が受賞。もう一人の日本人受賞者を出したB’zは名前しか知りません。レゲエ部門で制作者としてノミネートされていた元外交官の阿曽沼和彦はまた残念。たかだかとは言え、大きな世界のようですね。ディランの演奏はSonyの監視が厳しいYouTubeを避けてアップされたDailymotionで見ることができます。上の写真はそのSony傘下から発信されている音楽大好きブログHIGH-HOPESから転載しました。3番目の写真はネット上で見つけたリハーサルの写真。よくアップしてくれました。
東京はちょっとした大雪でした。
110215a.jpg
photo courtesy of HIGH-HOPES
110215b.jpg
photo by WireImage
110215c.jpg
photo by Albatross
110215.jpg

画 曲 コントラバス

Bob Dylan 絵画展へ寄ってきました。一番値の張る原画はなんと5400万円。びっくり。販売促進のお姉さんにぴたっと張り付かれました。会場に流れていた本人の音楽、よかった。看板を良く見ると「画」の中に「曲」が入っていますが・・・
101119.jpg

斎藤輝彦コントラバス・ライヴ 2010
時々[doglog]に登場するお隣のコントラバス奏者、斎藤輝彦さんのコンサートが20日土曜日、ベーゼンドルファーのあるユニークなライブ・サロン・レストラン白龍館で開催されます。ピアノは吉岡裕子さんです。

日時:11月20日(土)18時開場/19時開演(終演21時20分)
場所:[白龍館]新宿区西新宿6-21-1アイタウンプラザB1 tel:5323-6550
入場料:¥3,000(1ドリンク付き)お料理を1品御注文お願いします
【プログラム】
ボッテジーニ:ヴェニスの謝肉祭の序奏とテーマと変奏、メロディア、メロディア No.2、エレジー、ロマンツァ・ドランマティカ、夢 
ほかにラフマニノフ、ショパン、サンサーンス、山田耕筰、マスネ、フォーレなど

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4072)

Link

Search

Library