日光逍遥

180425a.jpg180425b.jpg
日光で出会ったカワガラスが出たついでに4月中旬の日光ぶらぶらから先ずは鳥。雨上がりに鶯が囀る森の端に姿を現したこの鳥の名前はわからない。

海烏

180423a.jpg180423b.jpg
エトピリカと同じ科で同じ水槽?にいるウミガラスは小ぶりのペンギンといった容姿。エトピリカよりもっと俊敏だ。動きが速すぎるので動画に撮ってスクリーンショットして拡大。ウミガラスCharadriiformes alcidae uriaチドリ目・ウミスズメ科。common murre。

花魁鳥

180422a.jpg180422b.jpg
ペンギンは飛べないから囲いだけでいいがエトピリカはそうはいかないので水族館ではガラス越しにしか写真が撮れない。からだの割に大きな黄色い嘴がかわいい。動きも早いしボケボケ写真だ。エトピリカCharadriiformes alcidae fraterculaチドリ目ウミスズメ科。tufted puffin。

人鳥

180421.jpg
水族館で一番愛嬌があるのはペンギンだろう。人鳥という和名はさすがだ。ペンギンと言えば高橋留美子「Pの悲劇」。あんな風に一緒に暮らせると楽しいだろうなあ。「管理人さん」もそうだが彼女の描く女性の容姿は好きだが性格は厄介だ。ペンギンSphenisciformes spheniscidaeペンギン目ペンギン科。penguin。

兵児鮎

180420.jpg
自然界に常識はない。泳ぐというよりは漂っているヘコアユは絵になってはいるが魚という感じはしない。下の方が頭だそうだ。ヘコアユAeoliscus strigatusトゲウオ目ヨウジウオ亜目ヘコアユ科。Razorfish。

魴鮄

180419.jpg
ホウボウが旨い魚なのはわかっていたが鰭がこんなに鮮やかな青だとは知らなかった。わかりやすい英名が付いている。表面が固いから隣にいる魚のような保護色である必要がないのだろう。海底に這いつくばっているので海に沈殿する有害物質をより多く蓄積しているはずだから産地には要注意。ホウボウChelidonichthys spinosusカサゴ目ホウボウ科。sea robin。

180417.jpg
臨海公園にはネコもいた。森には棲まないだろうから屋台が出ていたせいなのかもしれない。この勝手気ままな敏捷な哺乳類が森に棲息していたらと想像すると楽しい。ツグミが樹の下をちょこちょこ歩いたりはしなくなるだろう。ネコはともかくキツネやタヌキの類はここの森にいるのだろうか。イエネコFelis silvestris catus食肉目ネコ科ネコ属。cat。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(3833)

Link

Search

Library