川端

180819.jpg
180819a.jpg180819b.jpg
居住空間デザインコース京都研修旅行で白河院の大広間で学生たちと飲み明かした翌日は先生たちと徒党を組んで寄り道をして帰京する。今年は琵琶湖西岸をまわって北の方にある高島市針江を訪ねた。この地区は山からの豊富な伏流水が地表面近くを流れていていたるところに水が湧き出ている。地中に管を少し差し込めばどこでも清水が自噴する。街を流れる清流を家に引き込んだ「はた池」を魚や蟹が入り込まないように囲って「つぼ池」としそこに水が自噴する「もと池」を設えてこの地独特の炊事場「川端(かばた)」となる。普通はこれが家の中の土間に続くところにあって「内川端」と呼ばれる。家が取り壊されて屋外になった川端やお地蔵様のための川端は「外川端」。湧水が流れる川には琵琶湖から上って来るコイ、アユ、ヨシノボリ、サワガニなどが棲んでいて、炊事場から出る残り物を分解してくれる。湧水の温度は一定して12℃だから夏はスイカ、ウリ、キュウリ、トマトなどをここで冷やす。街の見学は申込制になっていて私と同年輩のボランティアの案内で街と湖岸を3時間近く歩いた。豆腐屋では川端で冷えた豆腐をいただいた。ガツンとくる木綿だった。2005年にNHKスペシャルで報道されたことで急に来街者が増え、暮らしを守りながら川端を維持していくための自主組織「針江生水の郷委員会」が生まれたのだそう。彼の熱い語りで委員会のさまざまな努力について教わった。飲料水事業などの外部資本に頼らずに自分たちの力で環境を維持して行く試みに拍手を送りたい。針江の町の青田は無農薬で琵琶湖の魚が棲み鳥が群れる。葦が繁る琵琶湖岸も野鳥や川魚にあふれる美しいところだった。

house M

180818a.jpg
180818b.jpg
180818c.jpg
松田ナオノリさんのhouse Mで8月12日に開かれた「伝統文化対話シリーズU:軸線と非対称のバランスon axisU 」に参加させていただく機会を得た。house Mは松田さんのご自宅を含む3ユニットからなる重層長屋で西麻布の住宅街に建つ。地下1階から4層分の中庭をロの字に囲みながら3住戸が建築基準法上の共有部分を持たずに空間を共有している。その鮮やかな設計士としての技と四方を囲まれた4層中庭の建築的魅力に惹きつけられて99年に発表された当時懸命に図面を読んだことを覚えていた。だからひょんなことで縁が近づいている室伏さんからのお誘いに即答した。やはり素晴らしい建築だった。図面と写真からは読み切れない発見がたくさんあった。地階のFLと中庭に40cmくらいの段差があって地階の縁に腰かけて中庭を囲むのは新鮮だった。「軸」を主題に室伏さんの「ダイキン・オー・ド・シェル」とランドスケープ・アーキテクトの杉浦榮さんの仕事を手掛かりに対話が進んでいく。日本語の「軸」はかなり多義的な含みの多い言葉で、だから建築家に好んで使われるのだろうが、これをaxisと英訳したとたんに趣きが変わってくる。トムヘネガンが指摘してくれたようにaxisは終点が伴う強い方向を表す。神、権力、ランドマーク、シンボル。「軸」はline、direction、center、stemといったものも含むから「掛け軸」「車軸」もあれば、心も体もマッチも「軸」を持つ。あぶない言葉だということがよくわかった。これは余談だがAxis powersは「枢軸国」だ。対話の後は中庭で中華テーストの菓子と茶。縁に座った参加者がひとしきり語った後、1階に上がって中華テーストの洗練された料理とお酒。いろいろ語り合って稔り多い時間になった。明確な意図を持った空間が生き生きと使われている様を体験した。旧知の田中厚子さんとの再会もうれしかった。

水 椋鳥

180814.jpg
暑さが和む鴨川を渡り水を浴びる椋鳥がうれしい独り歩き

東福寺から京阪で三条に出て十二段家の茶漬けに向かう道すがら。一人でも、ランチでも、旅先では日常には流されない(笑)。

鴉 鹿池

180813.jpg
池の淵で涼を取る鹿に歩み寄る独り鴉に心は緩む

2011年の同じ大仏池で水浴びをする鹿たち。今年は水辺で寝そべっていた。

影 椋鳥

180812.jpg
葉陰に潜む椋鳥の凛々しき影にふたり涼む

奈良二月堂から降りてきた池のほとりで出会った椋鳥。一人でいるより出会いの機会は増える。

奈良鹿

180810a.jpg
180810b.jpg
奈良ホテルに泊まった。荒池とのあいだの庭を歩くと鹿に出会う。天井高4mを超える落ち着いた寝室。行き届いたサービス。居心地が良かった。夜は街中にロウソクが灯る燈火会。日中は酷暑で二月堂界隈を歩いているのは外国人ばかり。学生たちとの宴には彼女たちの20期上の先輩も参加してくれた。二人でついに設計事務所を始めるとのこと。おめでとう。二次会で飲んでいるうちに彼女たちがフジロックのボブ・ディランで一緒だったことがわかった。うれしい。

隧道

180805c.jpg180805d.jpg
180805a.jpg180805b.jpg
峠を挟むフジロックと法師温泉という硬軟、新旧の取り合わせはおもしろかった。車だとわずか7kmの距離でごく自然におさまるのだが、公共交通機関頼みとなるとたいへんな迂回を余儀なくされる。どうせ遠いのだから峠を越える鉄道は新幹線12分ではなく上越線78分を選んだ。清水トンネルのループを体験しようと先頭部に陣取りカメラを構えたもののよくわからないうちに地中駅の土合に停車。後で調べたらループがあるのは上りで、下りは清水トンネルより低いところを長く貫通する新清水トンネル。犬智慧だったわけだが、13,500mの長い隧道と不思議な地中駅もよかった。こっちのルートを選んだおかげでディランともだちのIさんと再会できたのもよかった。いずれにせよローカル線は楽しい。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(3949)

Link

Search

Library