西荻窪のイヌ

180218.jpg
住宅でも集合住宅でもクライアントが犬を飼っているケースが多いのはやはり犬の縁なのだろう。2015年に竣工した[西荻の家]にはバニちゃんというバーニーズがいる。この時は仔犬だったのだが大きくなっているのかなあ。

十二社のイヌ

180217.jpg
事務所界隈に古くからある「しながわ三兄弟店」の一つ「味陶庵志奈川」は今はランチだけの店。空間も家具も小物も食器もそれなりの時間を積み重ねてきている。テーブル席がふさがっている時に座る小さなカウンターの目の前に置かれている犬も味がある。

not dark yet

180213a.jpg
180213b.jpg
180213c.jpg
冬の夕暮れは好きだ。一日には終わりがあり季節には冬があって生き物にも終わりがある。また朝が来て春が訪れるように命もまた繰り返すようにも思える。一日一日のひとつひとつを大切にしたい。ディラン流に言えば
It’s not dark yet, but it’s getting there
次は春に来よう。

180212.jpg
淡水池の水辺には葦が繁茂していて枯れ色が美しい。カワウとカモ類が仲良く屯していて絵にもなる。観察窓付きの木製の壁が随所に用意されている。シャッターチャンスが延々と続いて持ち時間があっという間になくなってしまい汽水池までは足を伸ばせなかった。

180211.jpg
臨海水族園の隣に鳥類園が在るのは知らなかった。淡水池と汽水池を囲むかなり広い鳥の天国だ。一部を駆け抜けただけだが身近にはいない鳥に出会った。淡水池の枯葦の陰で陸に上がって群れをつくっていた黒い鳥はよく見ると鼻のあたりだけ白いからオオバンのようだ。水に浮いている時とは見え方が違う。

180210.jpg
臨海公園は樹々も生い茂っていてそこら中に鳥がいる。人懐こくまわりをぴょこぴょこ歩きながらセキレイが付いてくる。樹々の中からヒヨドリが降りて来て地面をつつく。普段はそれほど多くは出会えないツグミも降りてきた。ここでは鳥たちものびのびしている。いいところだ。

180209.jpg
潮が引いた渚を歩く白い鷺を眼で追っているうちにずっと小さな目立たない色の鳥が群れをなしてちょこちょこと歩きつつ何やら啄んでいるのに気づいた。調べてみるとイソシギのようだが同じチドリ目のシロチドリとも似ている。いずれにせよ初対面だ。「いそしぎ」と言えば映画主題歌のThe Shadow of Your Smileが思い浮かぶ。1965年作品でシナトラも唄っているがディランがこの曲を録音する52曲に選ばなかったのは分かるような気がする。ところでディランの新作はいつか出るのだろうか。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(3766)

Link

Search

Library