hana peach

150331.jpg-ソメイヨシノ咲き乱れる六本木さくら坂裏の住宅街で思わず足が止まった可憐な白はハナモモ。バラ科モモ族Prunus persica。英語ではhana peachだそう。

sakura bird

150330.jpg
はや満開の桜に浮かれる鳥たちを眺める爽やかな朝から始まる一日。これもヒヨドリ。

magnolia bird

150329.jpg-桜の咲き始める少し前の白い花が好きなヒヨドリがうまくカメラに収まった春の朝。

long ago far away

150326.jpg
最近仕事で時々出かける富士吉田にある富士急ハイランド。夜になると輝くこのサインはちょっと懐かしい感じ。

sunset dream

150327a.jpg
150327b.jpg
日大生産工学部の謝恩会は舞浜のホテルで。ちょうど夕暮れ時だったので海に沈む夕日を見ようと舞浜駅から歩いてみたのは大失敗。背丈の倍の高さがありそうな堤防が立ちはだかっていて海がみえません。かわりに不思議な映像が記録されましたが、想い出に残る楽しい夜になりました。

urban informality

150326a.jpg150326b.jpg-横浜国大ISAのシンポジウムへ。「都市のインフォーマリティ」という言葉を手掛かりにこれからの住環境を考えるという設定。議論が噛みあっているとは言いにくいけれど、塚本由晴、小嶋一浩をはじめとしたパネリストのプレゼンテーションは刺激的でした。写真は6時間近い知的昂揚の締めに身を置いたビオワインバーmarucan。グローバリズムのフォーマリティから抜け落ちた柔らかいお店です。

crane at work

150323.jpg
パークハイアットのビルの屋上に姿を現したクレーン。逆光で美しく見えるのは機械でも同じということ。一瞬を捉えました。

Quattro Labo

150324a.jpg
150324b.jpg
LPが聴けるQuattro Laboに行ってみました。吉祥寺。生がギネスとハートランドなのもうれしい。ラベルに惹かれてClynelishにもトライ。最近は必ずストレートです。カウンターの前のバイトの女の子たちの奮闘を眺めているのも楽しいもの。朝日新聞に載ってからの事態だそうです。ほかの客は誰もリクエストをしないのでHirth from Earth、Rubber Soul、Blood on the Tracksをリクエスト。幸せでした。こういう店にありがちな店の個性が薄めで、今にもチェーン展開しそうな軽さが逆にいいかも。我が家に眠っているLP群も何らかのかたちで活用できたらいいのになあ。

architectural graduation

150323g.jpg
居住空間デザインコースの謝恩会。卒業生の洒脱な似顔絵がコルビュジエへの見事なオマージュとなって彼女たちの「建築」を締めくくりました。楽しかった。写真はこちらをご覧ください。

clione limacine

150322.jpg-魚のおいしいお店にクリオネがあったのは築地で売られていたから。正体はハダカカメガイという殻を無くしてしまう貝だそう。ハダカカメガイ科クリオネ属。小さいし壜の中だし撮影には骨を折りました。

lunette plate

150321.jpg-lunetteのチーズプレート。英国の青かび系シュロプシャー・ブルー、ペコリーノ、ウォッシュタイプのタレッジョとワインにぴったりの個性的なチョイス。デザインも素晴らしい。

ひとくくり

150319a.jpg
150319b.jpg
150319c.jpg
植物から水分が失われることでまた違った趣が生まれます。蓮根でできた「西湖」を包んでいた日本原産のササ。目と鼻を楽しませてくれたオーストラリア原産のユーカリ。内藤新宿を経てやってきた中南米原産のトウガラシ。障子でひとくくり。

小さいともだち

150320a.jpg150320b.jpg150320c.jpg
鳥を撮るのが好き。特に春先は彼らの動きも楽しそうで出会いがたくさん。ヒヨドリ、ムクドリ、セキレイ。そういえば小さいころ椋鳩十が好きだったなあ。

賢いカラス

150318a.jpg
150318b.jpg
150318c.jpg
カラスもよく観察をすると面白いもの。コンデジの望遠には彼らの細やかな仕事がしばしば記録されます。より小さな鳥を襲ったりする情景はほとんど目にすることはありません。好戦派なんていうのがいる動物はヒトだけか。

lunette meeting

150316b.jpg
150316a.jpg
日大生産工学部デザインコースのカリキュラム打合せを今年はうちの事務所で開きました。日曜日の昼にみんな集まってエライ。議論は絶えず続きは最近お気に入りのワインバーlunetteへ。しっかり語りあいたくさん飲みました。みんなが気に入ってくれてうれしい。写真はランチのリゾットとカウンター正面のモクレン。

二軒家アパートメント

150316.jpg
12年経って[二軒家アパートメント]のテラスのデッキが更新されました。「アイアンウッド」も多雨多湿な環境ではこのあたりが限界。事務所のある上からながめるととてもいい感じです。このアパートメントに新しく入居された方が建築を気に行ってくれて、掲載されている「新建築」を古本でゲットしてくれたそう。うれしい。

勝沼の記号

150315a.jpg150315b.jpg-勝沼逍遥6。設計を始める前に勝沼を歩き回った頃を思い出しました。葡萄棚にテンションを与えるための斜めの杭。棚を上から吊る傘状になったワイア。棚のを下から支える林立した杭。

青い山脈

150314a.jpg-勝沼逍遥5。東京が雨だったにもかかわらず、歩いている間は晴れていて、夕刻に少し雲がひろがりました。遥か彼方の南アルプスは白く光る雲を背景に凛としています。

大壜

150313.jpg
勝沼逍遥4。ワインのボトル。西欧文化が生んだ酒だけのことはあって、壜に大きさによる名前が律儀につけられているのだそう。2本分がMagnumでラテン語の「大きい」から来ている他は、4本分がJeroboam、6本分がRehoboam、8本分がMethuselah、12本分がSalmanazar、16本分がBalthazar、20本分がNebuchadnezzar、24本分がSolomonなどと聖書に登場する人名由来だそうです。写真は池田ワイナリーの入り口のディスプレー。

地理的表示

150312a.jpg150312b.jpg150312c.jpg150312d.jpg-勝沼逍遥3。今回はメルシャン以外の小さいワイナリーを回りました。テイスティングしたのは勝沼醸造、ルミエールそしてグレース・ワイナリー。タクシーの運転手さんにいいところを選んでるね、と褒められました。地理的表示『山梨』が世界で認定されたとかで「山梨ワイン」が元気です。白の甲州は外国産のワインにはない個性が確立されています。仕立て方で変化の幅が広がるのも面白い。発展途上の赤の中ではブラッククイーンと甲斐ノワールが期待されます。

龍憲セラー

150311a.jpg150311c.jpg150311d.jpg-勝沼逍遥2。勝沼ぶどう郷駅から大善寺に向かい、吊橋を渡ってシャトーメルシャンに向かう葡萄畑の小路を歩きました。左下の写真はメルシャンエリアのはずれにある龍憲セラー。明治期に造られた半地下煉瓦積のワイン貯蔵庫の遺構です。

早春の勝沼

150310a.jpg150310b.jpg150310c.jpg150310d.jpg-葡萄の新芽が出る前の勝沼に行ってきました。桜や桃はまだまだ先。写真の列車は見るだけで十分な全席グリーンのお座敷列車。お気に入りのホリデー快速ビューやまなしも14日から運行なので、隣に写っている特快で出かけました。高尾からの列車もロングシートだったのは残念。

happy together

150309.jpg
渡辺康さん設計の「百人町酒房」で浅野先生謝恩会。このヒトも幸せそうだなあ。

wind from Bali

150308a.jpg-[二軒家アパートメント]の入り口まわりにあふれている鉢物の中にバリの竹細工。懐かしいなあ。風が吹いて音が出るといいのになあ。

commuter train

150307a.jpg150307b.jpg-自然公園法の打ち合わせで都留の合同庁舎に行く時は富士急行。この6000系は何故かcommuter trainと名づけれれていて、何故かこんな暖簾?までかかっています。3月14日からSuicaが使えるようになるので腑に落ちない不便が一つ減ります。

every grain of slime

150306a.jpg
150306b.jpg-
新宿駅地下で出会った「スライム10万匹討伐戦」。壁に無数のプチプチ状の「スライム」が貼られていて、みんな夢中でつぶしています。子供たちが小さかった頃、スライムと称するぐにゅぐにゅの物体でよく遊んでいましたが、今はスライムはゲームのキャラクターだそう。何にせよこれだけの数が集まるとわくわくします。

happy talk

150305b.jpg150305a.jpg
もう春はそこまで。鳥たちが俄かに賑やかになってきました。オナガのカップルも春まっただなかです。

桃の季節

150304.jpg-lunetteの日曜営業が始まったので早速ランチに出かけてみました。白い壁を背景にした桃の枝がかわいかったので、帰りに調達先のハナミドリに寄って、大雨の中大振りの枝を抱えて帰宅。家に春が来ました。

製麺raboその3

150303.jpg
また月が変ったので早速「製麺rabo」へ。今回はあっさり魚出汁の「支那そば」。最近あまり耳にしなくなった名前ですがまあいいとして、鳥出汁の圧倒的衝撃とほとんど同レベルのおいしさ。来月にはつけめん系をトライするか、「塩ラーメン」にするか、あるいはもう一度鳥出汁の感激を味わうか迷ってしまいます。

唐人街角

150302a.jpg
150302b.jpg
細い坂道や階段が折れ続く長崎の裏街。ところどころにある小さな店が街をいきいきとさせています。猫もたくさん。皿うどんはそんな街の食堂「寿々屋」を選びました。

影思慕霧

150301.jpg
影を慕いて歌うボブ(ヘッケル)。小雨に煙る長崎のヴィッラの夕暮れにShadows in the Nightが鮮やかにはまりました。弓弾きのウッドベースにしんみり。♪Where Are You?きちんと歌ってるなあ。

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4184)

Link

Search

Library