バッタ跳ねる

[doghouse]に珍しくバッタ出現。風呂場で発見しました。シャンプーのボトルごと中庭に引っ張り出して撮影。向きを変えようとしたら、キチッというような音と共に跳ねて姿が見えなくなりました。Wikiで調べてみたらオンブバッタのようです。負飛蝗、バッタ目オンブバッタ科Atractomorpha Lata。
110831.jpg

ボルゾイの里親を探しています

三鷹で最近亡くなった独り暮らしの方が飼っていたボルゾイ7歳が独りぼっちになってしまいました。で、里親を探しています。おだやかな優しいコです。[doghouse]も候補には上がったのですが、弱虫のハヤは大騒ぎになるだろうし、老境に入ったフクには気の毒だし、猫もいるし、とても無理です。どなたか、お知り合いの方でも、興味のある方はいらっしゃらないでしょうか。ws@workshop-kino.com宛てにメールをください。犬、ネコ目イヌ科Carnivora Canidae。

鳩が先頭

長崎の旅2011年8月¶新地の中華街で屋根に並んだ動物たち。鳩が先頭で群れを仕切っています。: 鳩、ハト目ハト科Columbiformes Columbidae。
110830.jpg

鼠もいるよ

我が家にふるくからいるネズミ。ホンモノとは違ってなかなか愛嬌があります。クウとも仲良し、のわけはありません。鼠、齧歯目ネズミ科Rodentia Muridae 。
110829.jpg

ヨコハマトリエンナーレ

横浜市にいる高校同級生に誘われてヨコハマトリエンナーレへ。写真もいろいろ撮りました。街をぶらぶら歩きまわった後は関内で一杯。楽しい一日でした。
110828a.jpg
110828b.jpg
110828c.jpg

奈良 慈光院

奈良京都の旅2011年8月¶大和郡山の慈光院。境内全体で一つの茶席となっている全体がそのまま残っている貴重な例だそうです。先ずは一之門までの坂道、茨木門へ至る鍵の手路からなるアプローチが見事。茶席としてのもてなしの心持が空間の設えにも現れていて、書院に坐したときの庭の眺めものびやかです。それを心得て和尚さんが拝観者をおおらかに受け止めてくれているおかげで、たいへん居心地良くひとときを過ごし建築を味わうことができました。
110826a.jpg
110826b.jpg
110826c.jpg
110826d.jpg

奈良 今井町

奈良京都の旅2011年8月¶やっと今井町を訪ねることができました。濠で囲まれた古い街並みが遺された保存街区です。残念ながら濠はほとんどが道路に埋め立てられています。旅程の皺寄せで一時間しか時間がなくなった上に、団体行動で街歩きの自由を奪われ、当たったボランティアのガイドさんの説明に無用な思い入れが多過ぎて、肝心の家を見る時間が圧縮されむちゃくちゃに汗をかくことになりました。いろいろとたいへんでしょうが、伝統的空間が生活の中で遺されていることは貴重なことです。アゲハも撮ったし、同行の若者たちはこの寝ている犬を吠えさせてしまいました。暑かったせいでしょうかホンモノの猫には出会いませんでした。
110824a.jpg
110824b.jpg
110824c.jpg
110824d.jpg
110824e.jpg

猫陣

ウェグナーのデイベッドの下、仔犬と子供を怖れるふりをしながら自らの場をしっかりと築いている猫のクウ。彼女の視点でシャッターを切ってみました。右手の籠がクウの寝床。ここはクウにとっての前戦です。向こうに敵の姿も写っているけれども、得体の知れない黒幕なんて存在がないから、彼らは幸せです。
110824.jpg

奈良 街歩き

奈良京都の旅2011年8月¶夏の盛りに歩きまわって汗をたくさんかいたけれど湿度のせいか東京よりは凌ぎやすかったように感じました。
110823a.jpg
猿沢の池の脇の流れに浮かんでいるようなお地蔵さま。ファインダーを覗いている脇に手を合わせる人あり。
110823c.jpg
道端の方の身なりの良さからも街の人の思いがしのばれます。
110823b.jpg
涼を求めてふと曲がった路地を行く人力車。いい街だなあ。

[フェルメールの食卓]

110823e.jpg
courtesy of Kodansha

[二軒家アパートメント]仲間の林綾野さんが[フェルメールの食卓]という本を出しました。名画を手がかりにその時代の食卓を想像してみることで時代の背景を読み取って少しでも名画に近づこうというコンセプト。きちんとレシピが載っている徹底ぶりがうれしい。ロートレック、クレーに続くシリーズなのですが、フェルメールは亡くなった父のお気に入りだったので、より親しみを感じます。たまたま今週末の情熱大陸で林さんの仕事ぶりが取り上げられるそうです。[二軒家アパートメント]仲間の活躍、うれしい。建物も写っているはずですよ。

冷たい雨の朝

細かい雨が絶え間なく降り続く一日。暑さは去ったものの犬の散歩には往生しました。ハヤはまだ部屋にいて、散歩を終えたフクが傍らでまどろんでいます。猫はデイベッドの下。いびきが聞こえてくることもあります。音楽好きの昔からの友人に最近教わったEdwina Hayesを聴きながらの静かな朝の[doghouse]。生ギターの爪弾きをバックにした澄んだ歌声が湿った空気にぴったりでした。霧雨の中スズメたちが庭にやってきてブルーベリーの熟した実を啄みながら囀っています。
110822.jpg

夏帰る

110821a.jpg
狂ったような暑さが激しい雨を境に急降下。いつものような開け放しの[doghouse]になりました。あまりの急激な変化に体はとまどっているようです。街の動物たちはどうでしょう。散歩少なめがずっと続いていた我が家の犬たちを、すっきりしない空模様をパソコンで睨みながら、いつもより早めの夕方からお散歩に誘いました。歳のせいかフクはいつもどおり足どりが重く、どこまで行けるかなという感じでしたが、ちゃかちゃか元気なハヤにつられたのかだんだん調子がでてきて、先ずは久しぶりの玉川上水まで到達。ここまで来るとおそらく臭覚情報が飛躍的に増大するのでしょう、二匹ともギヤが一段上がって道程が賑やかになりました。みんなの好きなおねえさんのいるcoreに挨拶し、堀部さんの住宅の手前にできたギャラリーでのガラス細工展ではちょっと中にお招きいただいて、ハヤは作家さんと思しき女性に遊んでもらっておおはしゃぎ。お暇して少し行ったところでハヤの足がぴたりと止まって、引き返すことになりました。空も心配だったしね。帰りのフクは軽くギャロップが入るほどで、さっさっと我が家に戻りました。こんなに歩いても汗ひとつかかないくらいの気温のほうがやっぱりいいなあ。ビールはどちらにしても旨いんだし。
締めの写真は秋の色。京都から届いた巨峰の金平糖です。
110821b.jpg

奈良 阿修羅像

奈良京都の旅2011年8月¶燈花会に合わせての興福寺国宝館夜間拝観で阿修羅像との出会い。みごと。阿修羅の他の乾漆八部衆立像の表情にも見とれました。獅子の冠をかぶった乾闥婆が好きだな。
110819a.jpg
110819b.jpg

奈良 燈花会

奈良京都の旅2011年8月¶ちょうど奈良は燈花会。小さな蠟燭をひとつひとつ灯して幻想的な夜の奈良が創りだされます。徒党を組んで迷子になったのは失態。ゆっくり写真どころではなくなってしまいました。
110820a.jpg
110820b.jpg
110820c.jpg

東大寺 戒壇院

奈良京都の旅2011年8月¶二月堂から戒壇院へ。土塀が様々な絵をつくっていました。田圃の緑が鮮やかでした。
110818a.jpg
110818b.jpg
110818c.jpg
110818d.jpg

東大寺 二月堂

奈良京都の旅2011年8月¶たくさんの段を上って二月堂から金堂を振り返ると甍の波。境内のこの高低差は効いています。
110817a.jpg
110817b.jpg
110817c.jpg
110817d.jpg

東大寺 金堂

奈良京都の旅2011年8月¶中学生の時以来「大仏なんて」と素通りしていましたが、人生も一巡りしてみると、見え方も違ってくるものです。大きさにも改めて感動しました。
110816a.jpg
110816b.jpg
110816c.jpg
110816d.jpg
110816e.jpg
110816f.jpg
110816g.jpg
1994年にはBob DylanがここでA Hard Rain’s A-Gonna Fallをオーケストラをバックに唄いました。この曲が書かれた1962年はキューバ危機による核の脅威の最中でした。伝説的名唱のひとつ。Sonyに消されないうちにお試しあれ。


a single man

ひょんなことからひとりDVDでシングルマン鑑賞。アンプを通した音をJBL4311で大きめに再生するとSN比の高い映画館風の音像になって、構成のしっかりした美しい映像がいっそう引き立ちました。亡くなった同性の恋人が遺した家で悶々と暮らす主人公という設定は私とは縁遠いものですが、John Lautnerという建築家が1949年にカリフォルニアに設計したSchaffer Residenceが映像の中でごく自然に使われています。親近感のわく、いい住まいです。これが1949年というのも驚き。現在150万ドルで売りに出ているそうです。安い、よね。
110815a.jpg
110815b.jpg
all photos by Judith Lautner

静かな夏の朝

天幕の端を垂らす、早朝モードの[doghouse]中庭。仔犬は中にいるので猫はのんびり睡蓮鉢。金魚が死んでから水を入れ替えたからセシウム濃度はそう高くないはず。受験生がいるので家族旅行というわけにはいかずのんびりと家で過ごすのも悪くはありません。みんなが起きてくるまでのあいだヨーヨーマのエンニオ・モリコーネで少しだけ避暑地気分を楽しみました。
110814.jpg

長崎 トラム

長崎の旅2011年8月¶長崎の路面電車に乗ってみました。均一料金\120は安い。市営ではなく長崎電鉄が運営しているのが功を奏しているのでしょう。他の街で退役したさまざまな車両が走っているかと思えば、ヨーロッパの街で見るようなポルシェ・デザインの新鋭車両もあります。たまたま乗った車両は昭和28年製。交差点毎に止まってゆっくりですが、停留所はたくさんあって便利です。路面電車がちょうど合うような暮らし向きが見直される世の中に戻ってきているのでしょうね。
110809a.jpg
110809b.jpg110809c.jpg
110809d.jpg110809e.jpg

苔寺 栂尾 フェルメール

奈良京都の旅2011年8月¶真夏の京都の一日は苔寺から。般若心経の読経が想像以上に音楽的で新鮮。カッワーリと通じるところあり、と感じました。およそ45年振りの庭園を今度はゆっくり堪能。もう少し湿り気があればとは思いました。前夜の吉井歳晴さんの熱いレクチュアに登場した成り行きで次は栂尾高山寺。谷を渡る風が心地よかった。天に真っ直ぐ延びる木々の隙間をぬって降りてくる光の綾が美しい。汗を忘れました。「日常派」に敬意を払ってラーメンに挑戦するには暑すぎたので、昼は渓流縁でざるうどん。昨晩耳にした「33点のうちの3点のフェルメール」を渋い京都市立美術館にふと訪ねて旅の締めにしました。よかった。平日のおかげでチケットブースの列がほとんどなかったのはラッキー。私たちの前は清楚な白いスカートのお嬢様風高校生の母娘ペア。「学生証忘れちゃった」の声に、暑かったせいか思わず「僕も学生証忘れちゃった」と声が出てしまいました。くるっと振り向いて、にこっと微笑んでくれた笑顔が忘れられません。いいコだな、と四人が一致しました。言葉もおもしろいな。
110812a.jpg
110812b.jpg110812c.jpg
110812d.jpg
110812e.jpg110812f.jpg
110812g.jpg110812h.jpg
110812i.jpg
110812j.jpg110812k.jpg

糊塗屋

[doghouse]の近所のくたびれた家からゴミが運び出されて建て替えかなと見ていたら、外部に白いペンキが塗られ始め、思ったより手間をくってしまったのか、この写真を撮った後何日も経って、一階分だけが塗りあがり骨董屋が開業しました。景気凌ぎの一時的なものなのでしょうが、いきなり閉鎖的な「マンション」に建て替わるよりは地域にとって楽しいように思います。
110810a.jpg

I Threw It All Away

Madeleine Peyrouxの新作。カバー曲を少なめに、メロディーがキャッチーとは言えない自作曲主体でまとめられ、その分全体のトーンに独特の味わいが生まれています。気に入りました。恒例のDylanカバーのI Threw It All Awayは難しすぎたかな。McCartneyの私の苦手なMartha My Dearは生まれ変わっています。自作のタイトル曲Standing On The Rooftopが伴奏も含め秀逸。ジャケット内側の犬写真もかわいい。110809f.jpg

鹿泳ぐ

建築の旅で奈良へ。しゃきっと暑く、鹿も泳いでいました。
110809x.jpg

長崎 居酒屋

長崎の旅2011年8月¶たまには安心して魚が食べたいと思い、全国チェーンから限りなく遠そうな、クライアントも未踏査の、渋い居酒屋の暖簾をくぐりました。薄暗いカウンター数席に、偏屈を絵に描いたような風貌の大将、細かい気は微塵も利かないおかみさん。あたりでした。近海の海の幸ばかりではなく、大将の長崎旨いもの情報を堪能。話は盛り上がって、カレー粉まぶし鰺フライまで登場。おかみさんが金蝶ソースを求めに走ってくれて、完璧な長崎の味を楽しみました。みんな、旨かった。そうそう、店の名は「武蔵」。知らなかったのは私たちだけの、その筋には知れた店のようでした。
110807.jpg
110807a.jpg

democradog

猫側の柔軟な覇権主義のおかげで「フクのソファ」にフクが戻っています。クウもさしたる不満はない様子で平和に惰眠をむさぼっています。クウは桃子に対する緊張も急速に和らげていて、[doghouse]の火種は仔犬のハヤ絡みに絞られてきました。
110808.jpg

長崎 広島 空から

盛夏の長崎からのフライトは18時45分の夕暮れ時、機体前方A窓際に席を取り、空からの眺めを堪能しました。ルールには素直な性質なのでデジカメをオンにしたのは諫早湾を過ぎて雲の上に抜けた頃。薄く茜色を帯びた雲は瞬く間に姿を変えて行きます。
110806a.jpg
雲が切れて国東半島を確認した後に見えてきた瀬戸内海。左の大きめの島が祝島。その右の細長い島の右端が上関原発予定地。右手先にはヒロシマ。飛行機はおそらく愛媛の伊方原発の真上あたり。核兵器による大量殺人を精算しないまま結局は戦後がまだ続いているということです。
110806b.jpg
大空はゆっくりと青みを失い、美しい色彩のグラデーションを網膜に焼き付け、夜の闇に溶け込んでいきます。知多半島から先は街の灯りで地形を読み取ります。100分の空の旅はあっという間に過ぎてしまいました。
110806c.jpg
日経金曜日朝刊には「過去の人」吉本隆明の読むに堪えない談話。日経の原発キャンペーンのあざとい手口はなかなか巧妙です。しかし、これは読みたくなかったな。

勝沼 蔦 葡萄

勝沼のワイナリー2011年7月¶建物を覆う蔦と葡萄棚を形づくる甲州はゆっくり成長を続けていました。一安心。ここ数年は目が離せないな。温度も湿度も完璧になった樽貯蔵庫では赤がすくすくと熟成していました。こちらの出来も楽しみです。
110803a.jpg110803b.jpg
110803c.jpg

長崎 港

ナッソウ船籍の巨大な汽船が停泊していました。現地調査で夕暮れが近づいてきた頃ブオーッという汽笛とともに出港。光る海を滑って行きました。
110804c.jpg
110804d.jpg110804e.jpg
110804f.jpg

長崎 五島うどん

長崎へ出張。富士山は雲に隠れていましたが瀬戸内海の雲が「夏」でした。長崎は盛夏です。
110804a.jpg
先ずは五島うどん。アゴだしがおいしい。のっているのはゴボ天。
110804b.jpg

勝沼 宮光園

勝沼のワイナリー2011年7月¶お隣にやっとオープンした宮光園を初めて訪ねました。ワインギャラリーの向かいに建つ「資料館」がメルシャンの前身の大黒葡萄酒の第二醸造所で第一はこちらに建っていました。この界隈全体をひとつの歴史的「甲州ワイン環境」につくり上げて行く構想が一歩前進。どちらからの視線に奥行きが深くなりました。
110802a.jpg
110802b.jpg110802c.jpg
110802d.jpg
110802e.jpg110802f.jpg

勝沼 同窓の旅

勝沼のワイナリー2011年7月¶久しぶりにchateau mercianへ。高校同期16人のバス・ツアー。設計した空間で45年来の友人たちと味わう「甲州」は格別でした。ワインが主役になるように軽く淡く、あえて高めに設計した自然光テイスティング・バーが意図どおりに働いていました。スタッフもワイナリーにしっかりと馴染んでいて、設計者として鼻たかだか。幸せな一日でした。
110801a.jpg
110801b.jpg
110801c.jpg
110801d.jpg

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4184)

Link

Search

Library